u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

大人げなく

娘と近所の公園へ行ったら、
少し年上(たぶん中学生)の女子3人組が公園のベンチに座ってしゃべっていた。
気にせず遊びをはじめる。
すべり台の上からボールを転がす遊びをしていると、

その3人組の話し声が聞こえてきた。
「○○? ○○ってだれだよ。○○だってぇ」と、
どうやら娘の名前を揶揄しているらしい。

たしかに、
娘の名前は、漢字にするときわめて日本的だが、音はユニバーサル
ラテン系の人には同名の人がいるけど、たぶん日本には同名の人はいないであろうユニークな名前。

3人組は、
オレが娘に名前で呼びかけたのを聞いて、
その名前の響きをからかうようなことを言ったようだった。

聞き違いかもしれないので、いったんはスルーして、
遊びながら、3人の方に注意を傾けた。

すると今度は、遊びの内容をからかうようなことを言い出した。
ちょっとファンタジーめいた設定にして、ごっこ遊びみたいな感じにしていたが、
バカにされるようなことではない。

ごにょごにょ、ひそひそと言っているその陰湿な雰囲気にいっそう頭に来て
「おい、オマエら、さっきから何やねん」
とベンチの3人組のところに詰めよった。
「何も言ってません」と口々に言う。
「人の名前にケチつけて、なにがおもしろいねん。ええ加減にせえよ」
と続けると
その中のひとりが「すいません・・・」と小声でつぶやく。
「しょーもないことぬかすな、ボケ」
と言って娘を連れて公園をあとにした。

中学生に対して、大人気ないのかもしれないけど、
子どもがからかわれているのに黙っているわけにはいかない。

ていうか、親がそばにいるのにからかうなんて、
あいつら、よっぽどのバカにちがいない。
もしくはオレの耳がめちゃめちゃいいことを知らずに
「聞こえないだろう」と思って小声で話していたのか・・・

娘に名前をつけた時に、
当然のことながら、ユニークな響きをからかわれる可能性は考えた
だから、この名前が「音」「文字」「意味」ついでに「画数」も含めて、
いかに良い名前かを本人に話してきた。
ほとんどの人には良い名前だと言われるが、たまに今日のようなバカがいる。

このあとの娘へのフォローも含めて、つまらないことで時間をとられてしまった。
とはいえ、娘もオレもさっさと気分を切り替えて、別の遊びをして楽しんだけどね。