u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

柏もちと桜もち

明日は端午の節句
ひと足先に柏もちをいただく。
と言っても、食べたのは娘。オレは食べない。

たいていのスイーツは喜んで食べるが、絶対に食べないものが3つある。
柏もちと桜もちと生八つ橋。

柏もちと桜もちには、軽いトラウマがある。
たぶん小1くらいの頃だったと思う。
正月の恒例で親戚があつまったときにこと。
いとこの家が、その当時、まんじゅう屋を営んでいて、
そのいとこの家を訪ねると、いつもようかん、おはぎ、まんじゅう・・・
と和菓子バイキングで迎えてくれた。

その時も、大皿にいろんな和菓子がズラッとならんでいて、
はじまりは
「なんぼでも食べや!」
という号令。
しばらくすると、
「ぜんぜん減ってへんで、もっと食べ!」
終盤にさしかかると
「こんなん残ってもしゃーないんやから、食べてもて!」

と、とにかく「食べろ、食べろ」と促される。
まあ、オレもまんじゅうは大好きやし、言われるままに食べまくる
中でも桜もちと柏もちは大好物。お腹に入るだけ詰め込んで・・・
気持ちわるくなった。

それ以来、桜もちと柏もちはニオイを嗅いだだけでダメになってしまった。
八つ橋には、そういうトラウマはないが、
なんでシナモンがついているのかサッパリわからん。