u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

りんごの皮むき

りんごを食べた。切ってくれたのは娘。
と言っても皮をむいて4つに切ったのは妻で、
娘はそれをポンと半分に切っただけ。
本人は包丁を使ったということで得意気にしていた。
包丁の使い方くらいは、ちゃんと教えた方がいいのかな?
オレはたしか小3の時に、リンゴとじゃがいものむき方を教わった記憶がある。

ただ、刃物にはトラウマがある。
小1の時、ハサミで後ろに座っている同級生に怪我を負わせてしまった。
ハサミを手にもって振り返った時に、後ろの男の子の手にハサミの刃が当たり指に切り傷を負わせてしまったのだ。
たしか2針ほど縫ったんじゃなかったかな・・・。
自分の不注意のせいだが、
小学生に似つかわしくない大きな裁ちバサミを持っていたのも一因だったと思う。

母の実家はソロバンの町として有名な兵庫県小野市。その隣には金物の町として有名な三木市
三木市には親戚がいて、そのせいか、うちには立派な裁ちバサミがいくつかあった。
それを小1の子どもに持たせるのはどうかと思うが・・・。
とにかくハサミで同級生を傷つけてしまったのはひどくショックで、その後の人間関係の築き方に暗い影をおとしたように思う。

子どもには怪我をさせたくないし、他人を傷つてほしくもない。
かと言って、教えなければ扱い方は覚えられないし、
やっぱり、皮むきくらいはできるようになっておいた方がいいかなぁ。

 

f:id:u1row1223:20130312205810j:plain