u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

磁石

娘が学校で磁石をもらってきた。
そこで、砂鉄あつめに磁石を近所の公園に。

地面に磁石をおくと面白いように砂鉄が吸い寄せられる。
でも、真っ黒な砂鉄そのものが取れるわけではなくて、砂や小石がどうしても混じっしまう。
黒い砂鉄の粉を集めたかったのに、集まったのは若干黒っぽいただの砂。
少しがっかりしたが、そのあと公園のグランドで走り回っていい汗をかいた。

ところで、
磁石と書いて、なぜ「じせき」ではなくて「じしゃく」なのか。
この読み方はずいぶん古いそうで、続日本紀(8世紀)に「慈石」という表記で登場、10世紀の辞書「和名類聚抄」に「じしゃく」という読み方が明記されているらしい。

「石」を「しゃく」と読ませるのは呉音といって、漢音よりもさらに前に日本に持ち込まれた漢字の読み方だと言うから、「慈石」という言葉が日本に入ってきたのは、相当古いということだろう。

他に「石」を「しゃく」と読ませる例はないかと調べたが、身近な例はなかった。
神戸市に「石峯寺」と書いて「しゃくぶじ」と読む寺があるらしい。所在地を見ると、実家からけっこう近い場所だが聞いたことがない寺だった。

f:id:u1row1223:20130309111424j:plain