u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

算法少女/遠藤寛子

算法少女遠藤寛子』という本を読んだ。

13歳の少女あきは、父の手ほどきで、その年頃の娘らしからぬ算法の才能を発揮する。ところが、父から教わったのは上方の算法。当時の主流派は関孝和にはじまる関流で、上方の算法なんぞ、町人のそろばん勘定に毛が生えたようなものと蔑まれていた。

上方の算法がすぐれていることを示し、江戸の算法(関流)に一矢報いたい父桃三。あきも同じ想いを抱きながらも、どこか父とは相容れない想いもあわせ持つ。やがて、本多利明を訪ね、西洋の医学や算法の本に触れる。
「算法はすべての学問の基礎である。流派にこだわっていがみ合っている時ではなく、西洋の算法も取り入れ、できるだけ多くの人々に算法を教える塾を開きたい」という本多利明の考えに感銘を受け、久留米藩に召し抱えられるという話を断る決心をする。

武家に対して町人、男性に対して女性、江戸の算法に対して上方の算法と、主人公あきの境遇は逆境だらけ。

あきは、武家に一矢報いるとか、男性に打ち勝つとか、江戸の算法よりも優れていることを認めさせるとかといった逆境に抗う道ではなく、算法塾で子どもたちに算法を教え、算法を世に根づかせるという道を選択する。

算法の答えは、身分の高いものが解いたからといって、正しくないものは正しくない。あきが算法の普及に身を捧げたのは、身分や流派を越えた真理の追究の世界に身を置くということで、世俗の優劣とは無縁であることを悟った結果なのかもしれない。

算法少女』という書物は、江戸時代に実在した和算の本で、千葉桃三、あき(章子)という実在の父娘による共著らしい。
この実在する書物をもとに、遠藤寛子さんが作家の想像力+創造力を駆使して完成させたのがこの本。

1970年代に出版され、その後長らく品切れ状態だったが、復刊を望む多くの声によって2006年に復刊したらしい。特に高校の数学の先生からの復刊を望む声が多かったという。

たしかに、すごく健全で、清々しい気持ちになれるので小中学生と20歳以上にはオススメできると思う。
でも、高校生はどうかなぁ?
オトナが青少年にすすめたいものと、青少年が本能的に望むものとの間にはギャップがあるから・・・
完全にギャップにはまり込んでダメな気がする。

たとえば、NHKの大河ドラマならけっこういけるかも。

http://www.amazon.co.jp/算法少女-ちくま学芸文庫-遠藤-寛子/dp/4480090134