u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

どれから読もうかな?

どれから読もうかな?

カバンが重たくなるのはイヤなので、
持っていくとしたら1冊、せいぜい2冊。
目下、全部ちょっとだけかじり読みしてる状態。
さて、どれから読み切ろうか・・・

候補としては、
『新しいマイケルジャクソンの教科書』
が一番かな
モータウン時代の終わりあたりまで読んだ。
めっちゃ面白いし、続きも気になるからなぁ

小林秀雄はそんなに惹かれないが、初っ端の『骨董』というエッセイが面白かったので、もうちょっと先まで読んでみようかなぁ、くらいの感じ。
『骨董』の「(美術館の中をぐるぐる回って作品を鑑賞する行為について)こういう絵画の美とも日常生活とも関係のない、夢遊病者じみた機械的運動は、不自然な点では、音楽会で椅子に釘づけにされているのと同じことで、空想によって頭脳を興奮させるために払わねばならぬ奇怪な代償である」という一節が面白かった。
あと本筋に関わる部分じゃないけど
「嫌いではないと好きとの間には、天地雲泥ほどの差があると思い知ったのは、よほど後からのことであった」
というのも、「嫌いではないこと」の多いオレ的にはうなずける一節だった。

まあ、ぼちぼち読んでいこう。

f:id:u1row1223:20130113215654j:plain