u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

歯医者で

午前中、歯医者へ
虫歯じゃないか、と思う箇所があって診てもらった。
虫歯ではないけど、以前治療した部分の詰めものが傷んでいるので詰め直した方がよいとのこと。
「じゃあお願いします」ということで、さっそく治療開始。

麻酔が効いているので痛みは全くなし。
でも、左下の患部を中心に口全体の感覚がなく、
モワッとした感じで何とも気持ち悪い。

しばらく口を開いていると、だ液が知らぬ間にもれる。
その都度、衛生士さんが
「口元を拭きます」
と言って拭き取ってくれる。

何度目だったか、麻酔をしてるのは左下なのに、
右の口元というか、ほとんどほっぺたに近いところをゴシゴシこすられた。
麻酔が効いて感覚がないとはいえ、そんなところまでヨダレがたれることはないはず。しかもゴシゴシこするほどに?

ひょっとしたら寝てる時のヨダレのあとが残ってたのかも・・・

人のやさしさって何やろ?
治療とは関係のないヨダレのあとを拭き取ってやるのがやさしさなのか、それとも、気づかなかったことにしてやるのがやさしさなのか。

1回目ではなく、何回か拭いた後にゴシゴシされたのも気になるな
そこまでに衛生士さんの方でも葛藤があったのかな?
「こいつ、ヨダレついてるやん。めっちゃ気になるわぁ。でも麻酔してるの左やし・・・ああ、もうええわ、気になるから拭いたろ。こいつ鈍そうやから、普通に拭き取ってるって思うだけやろ」
みたいな感じで敢行したのかも。

いや、そもそも、ヨダレのあとだったのかどうかもわからない。
右のほっぺにあるホクロを、まちがって拭き取ろうとしたのかもしれんし・・・

「いま、なんでゴシゴシしたん?」
と聞く勇気もなく、
ただ、人のやさしさについて考えただけのひと時でした。

来週もう一回行かなきゃならない。
今度は、もっとちゃんと顔を洗っていこう。