u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

BGMをどうしようかと・・・ 久しぶりにソニークラーク

もう少し作業をしたいので,
BGMをどうしようかと・・・
久しぶりにソニークラークのピアノを!

その昔、特に日本で人気のあったピアニストらしいが、
オレは市川修さんに教えてもらった。

(市川修さんのことは、以前ココに書いた。
 http://www.wiquitous.com/blog/education/seigo004

ブルース寄りのジャズピアノを習うと必ずお手本にされる感じの人なんじゃないかなぁ、たぶん。
「お手本」というと、どこか否定的なニュアンスを含んでしまうかもしれない。特に芸術の世界では、オーソドックスなものより、エキセントリックなものの方が評価が高いこともままあるからね。でも、ソニークラークの演奏は、「お手本」といっても、ちっとも没個性ではない。何よりも音色がすっごくいい。

で、この曲『Tadd's Delight』
"Tadd"というのは、Tadd Dameron のことで、この曲をかいた人。この曲を初めて聴いた時、演奏よりも曲の方に興味がわいた。「タッド・ダメロンってどんなヤツやろ?」ってね。

調べてみると、マイルスと一緒にやっていて、マイルスもこの「Tadd's Delight」を吹き込んでいる。で、ビバップの頃のマイルスを聴く・・・

実はオレ、ジャズはあんまり網羅的にも体系的にも聴いてなくって、たまたま聴いたある曲、ある人の演奏から、芋づるをたどるように聴いていった感じなんだよね。

1:00か・・・
ソニークラーク聴きながら、もうちょっとがんばろう!

http://www.youtube.com/watch?NR=1&feature=endscreen&v=Vj17TYGSi58