u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

都会の世知辛さ

都内某駅で下車。階段を降りる斜め前方の女性の背中に蛍光グリーンの大きめのポストイットが付いていた。かわいそうに、たくさん人がいるのに「何か付いてますよ」と教えてあげる人はいない。そのまま、颯爽と歩いていった。ま、わざと付けてたのかもしれな…

季節はずれの曲

このあいだの日曜の早朝に録った季節外れだが、クリスマスの曲、”for your christmas”。別にクリスマスのことを曲にしたわけではなくて、できた日が12/24だったという意味での命名。19歳の年の12/24だった。アイデアを思いついて、ほんの2、3時間ほどでこの…

『さよなら神様 / 麻耶雄嵩』読了

先日読んだ「神様ゲーム」の続編。「神様ゲーム」と違って、読後のモヤモヤはなくて、むしろスッキリ。考えてみたら、小学校でこれだけ殺人事件があったという話で、読後「スッキリ」というのも変な話だ。でも、このシリーズ(あるいはこの著者?)、どんな…

鎌倉散策、稲村ヶ崎へ

娘は早朝から部活。妻と鎌倉に出かけることにした。いつもとはちょっと違ったルートを散策しようと稲村ヶ崎へ。稲村ヶ崎といえば、新田義貞が鎌倉幕府攻略の起点とした場所。江ノ電の駅から徒歩2分くらいのところに十一人塚というのがあると知って、そこを訪…

ハンドピナーズ

妻が買ったハンドスピナーが届いた。2枚羽と3枚羽のがあるが、購入したのは3枚羽。さっそく回してみる。おおぉぉぉ・・・・・・・・・・で?しばらく回してると感触がクセになるらしい。ま、わからないでもない ハンドスピナー、マイルスがso what?

君たちがいてボクがいる

以前読んだ米原万里さんの本に、日本語の「国際化」と英語の"Globalization"は同じではないという話があった。日本でいう「国際化」とは、国際習慣、世界基準に合わせることだが、英語のGlobalizationは、米もしくは英が自分たちの基準を世界にあてはめよう…

スライドギターの名手

先日Jesse Ed Davisの話を書きながら、昔スライドギターの奏法を模索した時期があったのを思い出した。。はじめは、スライドバーを薬指にはめるべきか、小指にはめるべきか、ガラス製か真鍮製とか、といったことに真剣に悩んで試行錯誤した。ちなみに、結果…

あぶずり餅 阿闍梨餅

日曜日に横浜に行った帰りに、お土産に日影茶屋の「あぶずり餅」を買って帰ることにした。きっかけは、5月の連休に京都に行った時に買った「阿闍梨餅」。これを娘がいたく気に入ったが、京銘菓だからこの辺で見かけるものではない。ま、ネット販売で取り寄せ…

aloud の加減

マイルスデイヴィスの in a silent way を大音量で聴きながら、この状況は矛盾だろうかと考えてみた。silent wayと言ってるのだから、小音で聴くべき?同様に、ウィスパーボイスは小音で聴くのが正しいのだろうか?例えば、ジョアンジルベルトを聴くのに適切…

『神様ゲーム / 麻耶雄嵩』読了

「え、何それ!?」って終わり方。なんでやろ? 「神様はまちがえない」とすると、事件の真相は説明されていないから、読者が自分で筋を考えることになる。で、考えたところで、それが合っているのかどうか答え合わせできないのでモヤモヤ感が残る。「神様が…

横浜で昼食

子どものダンスレッスンの付き添いで横浜へ。レッスンのあと昼食を食べて帰ることに。某レストラン街の案内板には、和、洋、中、エスニックといろんな店の案内とそれぞれのオススメのメニュー写真が出ている。ハンバーグとかオムレツとかが美味しそうだなあ…

スライドかどうか?

近所のスーパーマーケットに買い物に出かけた以外は家で過ごす。BGMでよかったのは、Jesse Ed Davisの”Keep me coming”。この人のギターには本当にシビれる。乾いたサウンド、トーン、リズム感、すべてが渋い。実際に弾いている映像がほとんどなくて、Taj Ma…

カール

カールが関西以西限定になるというニュース。売り上げ不調が理由なんだとか。じゃあ関西では売れてるのかというと、そういうことではないらしい。ある意味、これも話題性とレア感を狙った販売戦略なのかな? たしかに子どもの頃はちょくちょく食べたごが、成…

『戦争まで‐歴史を決めた交渉と日本の失敗 / 加藤陽子』読了

ここのところ本を読む時間が取れず、遅々として進まなかったが、ようやく読み終えた。時間がかかったからといって、「つまらなかった」とか「難しすぎた」ということではない。むしろその真逆で、毎日少しずつ読み進めるのが楽しみで読み終えるのが惜しいと…

職業体験

6月に予定されている、娘の学校の課外授業「職業体験」。様子を見ていると、3日間の体験より体験先を決める交渉の方がずっとハードルが高そうだった。学校から体験先への事前の根回しなどは一切なく、本人が直接興味のあるところに電話をして「受け入れてほ…

見た目はカリフォルニア、気分はミネソタ

先日の訃報があったからというわけじゃないが、最近Soundgardenの曲をちょこっと聴き返している。今まで知らなかったが、“Outshined”に出てくる歌詞で、当時この曲がきっかけになって流行語になったフレーズがあるのだそうだ。I'm looking CaliforniaAnd fee…

ドラえもんとメアリーの部屋

ドラえもんのひみつ道具で、食べものの写真を見ただけで満腹になる道具の話があった。名前はなんだっけ?「グルメテーブルかけ」は実際に食べるから違うし・・・ “Mary’s room”という思考実験があるというのを知った。「モノクロの世界しか知らないメアリー…

家ごもり北の窓から見える緑が急に濃くなった。緑は目にやさしいと言われるが、色としての緑は好きじゃない。色味を選べる商品があったとして、あえて緑を選ぶことはまずない。なぜだろう?たぶん、緑という色は、実際の色(特定の波長)以上に「緑」という…

電波と気配

先日、車のロック開閉のリモンコンがまったく効かない日があった。いつもは10mくらい離れていても何の支障もないが、その日はドアのそばでセンサー部にリモンコンを密着させてようやく効くといった具合だった。 リモコンの電池切れではない。横須賀ではこん…

クリス・コーネルの訃報

クリス・コーネルの訃報記事を読んだ。普段は聴くことはほとんどないが、サウンドガーデンの来日公演を観に行ったくらい好きだったので、やっぱりショック。ライブの記憶は、今となっては薄れているが、ギターのリフが好きでバンドサウンドを期待して見に行…

今日のBGM

昨日はツェッペリン、今日はThe Rolling Stones を聴くことにした。一番好きなアルバムは"Beggars Banquet"だけど、今日は何となくSteel Wheels に入っている"Mixed Emotions"をエンドレス再生。リアルタイムでストーンズを聴いたのは、'89年リリースのこの…

色褪せず

どんよりと曇り空。5月も中旬で、早くも梅雨が近づいているのだろうか。梅雨になるとなぜか聴きたくなるLed Zeppelin。気持ちが先走ったのか、梅雨入り前なのに急に聴きたくなって、Tangerine を聴いた。この曲と次のThat's the way は、10代の一時期(たし…

後ろ向きのポジティブ

京急で、4人掛けのボックスシートの後ろ向きの席に座りながら思ったこと。「前向き」であることへの強迫観念がもたらす害は小さくない。ポジティブを「前向き」と言いかえても違和感を感じないとすれば、すでにこの観念に囚われているのかもしれない。「後ろ…

ウニキャベツ

ウニがキャベツを食べて美味くなるという記事を読んだ。三浦市近辺の海に生息するウニは、食用ではなく、ただ海藻を食い荒らすだけの迷惑者なのだとか。そのウニに三浦市でとれるキャベツを与えると喜んで食べて、しばらくすると美味いウニに変貌するらしい。…

『名探偵コナン から紅の恋歌』観了

昨日は1日ウチにこもりっきりだった。そういえば今月は映画をみていないし、何か見にいこうということになった。 Moonlightを見たかったが、R15だし、そもそも娘はまったく興味がなさそうだし・・・ということで、限られた選択肢から選んだ最大公約数が「コ…

職業体験

「恐れ入ります。○○中学の永井と申します。職業体験の件で昨日お電話いたしましたが、本日改めてお電話をということでしたので・・・」夕方、娘が電話口でこんな風に話しているのを聞いてひっくり返りそうになった。学校で職業体験という授業があるらしい。…

迂回して帰宅

ちょうど帰宅の時間に、京急で架線事故。迂回に迂回を重ねて、逗子にたどり着いた。振替輸送で混み合う電車は、横浜で7割、戸塚で6割、大船で5割、逗子に着く頃には「京急でなんかあったの?ふーん」くらいのモード。逗子の改札を出ると、「花火大会、よろし…

遺伝か

朝、一本早い電車に乗って、某駅発の電車で座っていくことにした。睡眠不足の自覚があったので、電車で寝ようと思ってのこと。どうにか座れたのはいいが、いざ寝ようと思うと、なんかもったいない気がする。少し本を読んでからにしようと、悠々と本を出しヒ…

「分けても分からないもの」

なんとなく考えたこと。「分けたら分かるもの」と「分けても分からないもの」の間にあるのは何か。 「分けたら分かるもの」は、現時点の知能で理解可能なものだと言える。一方、「分けても分からないもの」は、その時点の知的能力を超えたものだ。ある人は「…

『安倍でもわかる保守思想入門/適菜収』読了

先日読んだ同シリーズの「政治学入門」は、VOW的なノリで電車では読めなかったが、こっちは一応電車で読んでも大丈夫だった(吹き出さずに読めた)。去年読んだ保守思想云々(でんでん)の本でよくわからなかった「保守とは何か」という話が、この本では、主…

あつい1日

ジッとしていても暑い。蓋を回しながら、冷たいのにすればよかったと後悔した。水筒のお茶はいつもどおり熱い。いつもにも増して混み合う電車で、この状況をひと言であらわす言葉を思いついた。圧い。サッと読み切れると思って読み始めた本が終わらない。厚…

連休最終日

日用品の買い出しに出かけるなど、普段の週末と変わらない過ごし方で連休を終えた。車内で妻と「英語限定でうまい歌を聴きたいなら誰にする?」という話をする。その直前に、ちょうどそのことを考えていたがしっくりくるのが思い浮かばなかった。聴きたい声…

アートイベント@根津、その後、うな重

某友人を誘い、東京の根津という場所のアートイベントに出かけた。アート空間として作り上げられた、元銭湯「宮の湯」。浴場から裏手の窯場まで散りばめられたナゾを解きながら鑑賞する。 「銭湯が喜んでいる」という友人の言葉に、「なるほど」と思う。銭湯…

京都めぐり

連休中も毎日部活の娘を家において、妻と二人で神戸に帰省。帰りに京都に立ち寄る。予定の電車までの4時間という限られた時間で効率よく廻るために、まず出町柳のレンタサイクルで自転車を調達。百万遍から大学構内を抜けて吉田寮、折り返して、西部講堂、そ…

買い物のあと寄り道

日用品の買い出しに娘と市内某所へ。帰りはちょっと寄り道をして、衣笠から大楠山を越えて芦名の方に出て、海沿いの道を葉山、逗子と走る。車で娘が学校のことや部活のことなどを話すのを聞く。自分に似て話の組み立てが下手なので、何を言っているのかよく…

並走

京急の川崎を過ぎて横浜に向かうあたりで、窓の外を見ると、東海道線が並走しているのが目に入った。たまたま横を走っているだけなんだけど、頭の中で「さぁ、どっちが早いか」と子供じみたレースがはじまる。路線検索で、横須賀から都内に向かう経路を調べ…

家庭訪問

カレンダー通りに稼働。 家では午後4時の家庭訪問に備えて、妻が片付けに勤しむ。当日にできるこというと、片付けるというよりは移動するといった方が実態に近いかもしれない。 担任の先生は、1年の時と同じ若い男性の先生。「去年の家庭訪問の時、大して部…

maze 配信

maze(曲名)を配信するのに、説明文を考えた。 brain purely meets 96.9 / 6'96 ways driven quadruplyちょっとしたナゾナゾみたいのもの。ジャンルを”Dance/World/R&B/Soul”としたので、絶対に欠かせない情報を込めることにした。 Maze - Single An Una Um…

晴れない1日

某作業でMacBookを立ち上げたがクリックが効かず焦った。再起動やら何やらで一応おさまった。2006年か2007年のモデルで、これまでに2度大きな修理に出しているが、さらにガタがきているようだ。突然のクラッシュに備えて、ここにしか入っていないデータやソ…

『安倍でもわかる政治思想入門/適菜収』読了

「外では読めないな」と思って本を閉じた。ときどき猛烈におもしろい箇所があって吹き出してしまうという意味で、公衆の面前では閲覧注意。正直なところ、タイトルからして品が良くなくて好みではない。内容は、タイトルにも増して品がないが、まあ、吹き出…

ビリヤードをして帰る

同僚に誘われてビリヤードをして帰った。あまり深く考えずに、ただただ突く・当てることくらいしかできないが、話を聞いたり、様子を観察したりしていると、なかなか奥の深いスポーツであるらしい。 ずっと昔に2、3度やった記臆があるが、それがいつだったか…

就寝前

いろいろと心乱されることがあったけど、1日の締めはコーヒーとシュークリーム。寝る前に摂るものではないなぁと思いつつ、心が欲しがっているから、気持ちに正直に遠慮なくいただいた。

朝、聴いた曲

朝の電車で、ルーティーンで課しているノルマが終わったので、何か聴くことにした。朝だからアッパー系が良いんだろうけど、なぜかその時は「何かいい曲が聴きたい」と思って、しばらく考えた。で、思い浮かんだのが、Candeias。カエターノ・ヴェローゾとが…

先輩・後輩

この四月で子どもが中2になった。本人からは特に何も聞いてないのでどんな感じなのかはわからないが、学校からの通信などによると、「中2に進級する」=「後輩ができる」というのが非常に重要なことらしい。「後輩に範を示す」「年長者として恥ずかしくない…

迷惑ありがた

久しぶりに7時間睡眠曲のモチーフの撮りだめしたかったが、今日は片付けをしなければならないのでお預け。GW週の真っただ中、5/1に娘の中学の担任が家庭訪問にやってくる。一家そろって片付けが苦手なので、こんな機会でもないと一生部屋の中は片付かない。…

レイアウトの妙 (妙なレイアウト)

娘のダンス教室の特別講座の申し込みに出かける。希望のコースは先着数名。受付時間の20分前に到着したがすでに何人も並んでいて、結局定員に枠には入れずキャンセル待ちになってガッカリ。 順番を待っている時に目に入ったボード。このセンス、なかなかのオ…

ペットボトルのキャップ

今朝、冷蔵庫に入っている2リットルのペットボトルのお茶を開けようとして、あれっと思った。キャップがやけに固く締まっている。グッと力を入れてひねりながら、思い出した。昨日、自分が意識してあえて強く締めたんだった。理由は、いつも妻に文句を言われ…

どこへ?

某懇親会で、都内某所で食事とお酒。先週金曜にワインを飲んで以来だから、1週間に2度アルコール摂取なんて何年ぶりだろう。帰りは駅からとぼとぼ歩いた。暗い夜道を歩きながら「どこへ?」と問うてみる。家に帰るのに違いないが、家は起点であっても終点で…

『エピソードで読む西洋哲学史/堀川哲』読了

デカルト以降の20人ほどの哲学者を取り上げて、エピソードと思想を簡潔に紹介する。先日、同じように画家のエピソードと代表作品を紹介している本を図書館で借りたが、あまり読まないうちに期限がきて返してしまった。とてもおもしろかったので、また読みた…

某ニュースをみて

教育勅語を教材として活用するかどうかは、学校に委ねられるのだという政府の答弁。とっくの昔(1948)に廃止されたものに、現在の教材として活用される余地があるとすれば、せいぜい古典や歴史の授業で資料として取り上げることくらいだろう。そんなあたり…